ブライダル

アメリカの結婚式の特徴を初心者向けに解説!挙式、衣装、レセプションなどの基本を押さえよう

american wedding

アメリカの結婚式は地域や宗教、文化的背景によって異なるものの、共通する特徴もあります。

この記事ではアメリカの結婚式の主要な特徴を5つの見出しにまとめて解説します。

アメリカの結婚式の形式

wedding


アメリカの結婚式には、大きく分けて2つの形式があります。

  • 宗教的な式典
  • 非宗教的なセレモニー

宗教的な式典はキリスト教、ユダヤ教、イスラム教など各宗教団体によって異なります。

非宗教的なセレモニーは、神聖な要素はなく、新郎新婦の人生観や結婚に対する約束、家族や友人との絆などが中心的なテーマとなります。

アメリカの式場

venue
venue


アメリカの結婚式の式場には、教会や寺院、神殿など宗教的な場所がよく使われます。

他にも下記のような施設を利用したセレモニーも増えています。

  • 公園
  • ビーチ
  • ホテル
  • ゴルフ場

自然や施設を利用した場所が人気を集めています。

アメリカの結婚式のドレスコード

dress code
dress code

アメリカの結婚式には、ドレスコードがあります。新郎新婦の希望に合わせたドレスコードが指定されますが、基本は、男性はスーツ、女性はドレスです。男性のスーツは黒、紺、灰色。女性のドレスは白やアイボリーは避け、カラフルで派手すぎないものを選びます。これは日本でも同じです。

要チェック
英字新聞を読む
リーディング力をつけたいなら英字新聞のalphaです

英字新聞は英語学習に非常に効果的です。 しかし、やみくもに読んでも実は効果は薄いです... 英字新聞を購読したけど三日坊主で新聞の束が家にないですか? 外で英字新聞読むのはちょっと人目が気になる... ...

続きを見る

また、ウェディングドレスを着ることが多い花嫁は、ヴェールやブーケも合わせて準備します。

理想の結婚式場に出会えるイベント「ハナユメフェスタ」

アメリカの挙式の流れ

wedding cereomny
wedding cereomny


アメリカの結婚式の挙式の流れは以下のようになります。

まず、ゲストが会場に到着し、席に着くと、花嫁の入場の音楽が流れます。

花嫁は、花嫁の父親や家族と一緒に入場し、新郎と出会う場所まで進みます。

出会う場所で、花嫁と新郎は、キスを交わし、挙式が始まります。

次に、司会者が式の進行を案内し、新郎新婦が誓いの言葉を交わします。

誓いの言葉の後、指輪交換の儀式が行われます。新郎新婦は、お互いの指に指輪をはめます。

アメリカのレセプション

reception ceremony
reception ceremony


次はレセプションの始まりです。レセプションでは、新郎新婦とゲストが食事やお酒を楽しみながら、お祝いの言葉やエピソードを交換します。また、ブーケトスや、新郎の靴ひもを切る儀式、ダンスなどが行われます。

アメリカの結婚式のまとめ

基本的な流れは、挙式、衣装、レセプションの3つです。挙式では、新郎新婦が誓いの言葉を交わし、指輪交換の儀式が行われます。

衣装は、花嫁が白いドレスを着用し、新郎はスーツを着用します。

レセプションでは、新郎新婦とゲストが食事やお酒を楽しみながら、お祝いの言葉やエピソードを交換しブーケトスや、新郎の靴ひもを切る儀式、ダンスなどが行われます。

これらの要素は、アメリカの結婚式の基本的な特徴であり、

初めてアメリカの結婚式に参加する人でも、これらの特徴を把握すれば、安心して参加することができます。

アメリカの結婚式は、地域によって異なる要素があるため、参加する前に、主催者から詳しい情報を入手することが重要です。

要チェック
韓国の結婚式の特徴

韓国の結婚式は、家族や親戚、友人たちが集い、華やかな式を行うことが特徴です。 韓国の結婚式のスタイルがどういったものかご紹介します。 Contents1 韓国の結婚式は家族、親戚が積極的2 韓国のウェ ...

続きを見る

-ブライダル
-