英検

【レビュー】新形式英検準一級を一発合格した私が紹介するまとめ参考書5選

英検準1に合格したいけどオンラインレッスンや施設に通うまでのお金と時間はない…

独学でなんとか合格まで持っていきたい…

そんな方に独学で合格できるの参考書を5選ご紹介します。

私は参考書を買いすぎました💦ここまで買わなくてもよかったと今では思っています。

英検準1級対策参考書

2024年6月2日の英検準一級に合格した私が参考書をご紹介します。

一次試験合格通知

1.英検単熟語EXで単語を強みにする

はずせない一冊はEX英単熟語。

英検対策はなんといっても単語です。

単語を固めておけば大問1短文の語句空所補充で点数が稼げるので有利になります。

そして長文もしっかり読めるようになります。

私はリスニングは通しで一回勉強した程度です。でもリーディングセクションでカバーでき合格できたということです。(なのでリスニングの点数は低いです…)

アプリ派は「でた単」でもよいと思います。本派のほうがボロボロ感がでて「勉強した!」感じは得られます。

2.英作文問題完全制覇はライティング対策に最適

人気のライティング参考書です。英検受験者には必須です。このシリーズではリーディングとリスニングも出版していますがライティングだけで大丈夫です。

「コンテンツブロック」が非常に役立ちます。ライティングに必要な表現、型を覚えることができます。

決して丸覚えをしないこです。覚えても忘れるなと覚えてないとこがでたらお手上げです。

なので、どのパターンにも使える短いフレーズやパラフレーズをしっかりストックするのがおすすめ。

一例ですが私は下記のような表現を覚えておき「使えるように」ライティング内容を寄せていくイメージです。

・tend to~

・lead to~

・from the perspective of ~

・live up to~

・this means , which means

・attribute to~

xで投稿

合格するライティングのコツはこちらの記事を

3.英検赤本シリーズ過去問集9回分で試験慣れ

9回も過去問が受けれる

竹岡先生の赤本シリーズ。

これしか対策していないという方もいるぐらい人気の過去問集です。

なんと9回分も練習でき試験慣れをすることができます。

試験まで残り1ヶ月になったらこの本に切り替えるのがおすすめの使用方法

充実の傾向分析&詳しい解説で、英検突破への英語力を鍛えることができます。
新たに加わるライティング「要約問題」の解き方も伝授してくれてます。

解答編(解答・解説)
・2023年度第2回検定(一次試験・二次試験)
・2023年度第1回検定(一次試験・二次試験)
・2022年度第3回検定(一次試験・二次試験)
・2022年度第2回検定(一次試験・二次試験)
・2022年度第1回検定(一次試験・二次試験)
・2021年度第3回検定(一次試験・二次試験)
・2021年度第2回検定(一次試験・二次試験)
・2021年度第1回検定(一次試験・二次試験)
・2020年度第3回検定(一次試験・二次試験)

4.面接大特訓の参考書で合格できる

合格

無事に一次試験を合格できたら必要なのが「ネイティブキャップ」のイラスト問題と「面接大特訓」の参考書です。

大特訓の「質疑応答」部分はテーマごとに覚えることができるので大変役に立ちます。

実は内容的にも十分ライティングに活かせるレベルなので暗唱できれば書くこともできるようになります。そのまま2次試験にも使えます。

★7日間無料トライヤル開催中★

英検2次試験対策ならネイティブキャンプ

5.英検準一級ワークブック

カリスマ講師のモリテツ先生監修のワークブック

1カ月前からで間に合う最短ルートで解説。

4技能をかたよりなく鍛えることができるように、スピーキング(面接)・ライティング(英作文)の解説もふんだんに盛り込んであります。

また英検攻略に必要なポイントも丁寧に解説してくれています。 最短ルートで合格できる1冊です。

まとめ

個人的には赤本シリーズの過去問をどれだけやり続けれるかで一次試験の明暗をわけます。

単語を毎日やって、比重はライティング多め。

リーディング勉強の時間をなんとか捻出してリスニングは放置。

2次試験は「大特訓」はマストアイテム。

それ以上にやってよかったのが「ネイティブキャンプ」のイラスト問題での実践練習。

以上、試験がんばってください!

-英検
-,