シャドーイング

シャドーイングで英語発音をマスターする:ステップバイステップガイド

英語で最も重要なスキルは「発音」です。

その発音に効果的な方法として「シャドーイング」があります。

シンプルにリスニング力や発音が身に付けることができる効果的な学習方法です。

この記事では、シャドーイングで英語の発音をマスターするためのステップバイステップガイドを紹介します。

「シャドテン」アプリの効果がスゴイと話題になっています。

最短でシャドーイングをして効果を実感したい人はおすすめです。

ただ、料金もそれなりにするので英語学習に本気の人以外はおすすめできません。

挫折するともったいない。

今人気のシャドーイングアプリ「シャドテン!!」を体験してみる

シャドテン

シャドーイングの効果的なやり方

発音マスター

シャドーイングはすでに知られている英語学習ですが、口に出して真似することです。

シンプルですが以下の効果があります。

  • リスニング
  • 口周りの筋肉強化
  • リズム
  • イントネーション

シャドーイングは以下のステップに従うことが大切です。

リスニング

まずは「リスニング力」です。

英語の音声を集中して聞き、リズムやアクセントに注目する必要があります。

シャドーイングでは話す英語を正確に聴き取ることが重要だからです。

リスニング力は下記の教材をシャドーイングに使えます。

  • 参考書の音声教材
  • CD
  • ニュース番組
  • 映画や海外TV番組

専用アプリを使うと効率的にリスニングを伸ばすこともできます。

やみくもに聞き流す方法だけは絶対に避けましょう。

効率的にシャドーイングするならシャドテン

シャドテン

リスニング力を高めるためには、以下のような方法があります。

  1. 聴き取りやすい音声教材を選ぶ
  2. スピードを落として聞く
  3. リスニング練習用の問題集やアプリを利用する
  4. ネイティブスピーカーと話す機会を増やす
  5. 聴取する前に予測する

これらの方法を繰り返し練習することで、リスニング力を向上させることができます。

リスニング力が高まると、シャドーイングによるスピーキング力の向上にもつながります。

真似して発音

  • 発音に集中
  • 注意深く聞く
  • 口のかたちを確認
  • リズムやイントネーション
  • 録音して自己チェック
発音に集中する

シャドーイングをする前に、発音に集中しましょう。

発音には、舌、唇、口腔、声帯などの様々な部位が関わっています。

発する音をしっかりと聞き取り、どの部位を使ってどのように発音しているかを理解することが大切です。

スピーカーの発音を注意深く聴く

スピーカーの発音を注意深く聴き、できるだけ正確に再現するように心がけましょう。

発音の強勢やアクセント、音の強弱などをしっかりと把握し、自分で同じように発音することが大切です。

口の形を確認する

自分でも同じように口を動かしてみましょう。

例えば、舌をどこに置くか、唇の形などに注目して、できるだけ正確に再現するように心がけてください。

リズムやイントネーションを練習する

シャドーイングをする際には、リズムやイントネーションも重要な要素です。

スピーカーのリズムやイントネーションを注意深く聞き取り、自分でも同じように発音するように練習。

録音して自己チェックする

シャドーイングをする際には、自分自身の発音を録音して、再生して自己チェックすることも大切です。

自分の発音を聞くことで、どこが改善すべき点かを確認し、次回の練習に生かすことができます。

なかなか録音は習慣化するまで難しいので専用アプリをおすすめします。

発音の練習には時間と努力が必要ですが、継続的な練習によって、外国語を自然に話すことができるようになります。

シャドーイングを体験してみる

シャドテン

録音すると効果倍増

シャドーイングの練習では、自分が実際に口に出す音声を録音することが非常に有用です。

録音した音声を聞き返すことで、自分の発音やアクセントについて客観的に把握することができるからです。

特に、ネイティブスピーカーの発音と比較して自分の発音がどの程度正確であるかを確認することが重要。

録音した音声を自分で評価するだけでなく、英語を話せる友人や教師にも聞いてもらうことで、より正確な評価を得ることができます。

こちらもアプリを使うと添削機能がついていたりするのでとっても便利です。

シャドーイングを体験してみる

シャドテン

反復練習

反復練習は、何度も同じ練習を繰り返し行うことで、特定のスキルや知識を強化する練習方法です。

脳の神経回路の構築に関係しています。

シャドーイングでも同じ原理が適用されます。

継続的にシャドーイングを行うことで自分の発音やアクセントが改善され、自然な英語のリズムやイントネーションを身につけることができます。

繰り返し同じことをすることで、神経回路が強化され、そのスキルや知識を実行する際に脳がより効率的に働くようになります。

また、自分の能力に自信を持つことができます。

しかし、反復練習だけではなく、練習方法を変えたり、新しいスキルを習得することも重要です。

シャドーイングにおすすめの教材

シャドーイングにおすすめの教材を紹介します。

TED Talks

TED Talksは、高品質の英語スピーチを提供しています。多様なトピックや話者があるため、自分の興味に合わせて選ぶことができます。

BBC Learning English:BBC

Learning Englishは、英語学習者向けの教材が充実しています。シャドーイング用には、ニュースやインタビューなどのコンテンツがおすすめです。

EnglishCentral

EnglishCentralは、動画教材に対してシャドーイングを行うことができるプラットフォームです。ビジネス英語やアメリカ英語など、様々なコースが用意されています。

シャドーイングの注意点

シャドーイングを行う上で、注意すべき点があります。

  • スピード:スピードが速すぎると正確な発音が難しくなります。最初はゆっくりと始め、徐々にスピードを上げていきましょう。
  • アクセント:アメリカ英語やイギリス英語など、様々なアクセントがあります。自分の学習目的に合わせて、特定のアクセントを選ぶことが重要です。
  • 語彙力:シャドーイングは、リスニング力や発音の改善には効果的ですが、語彙力の向上にはあまり役立ちません。語彙力を増やすためには、別途学習が必要です。

シャドーイングの効果

シャドーイングを継続的に行うことで、以下のような効果が得られます。

  • 発音の改善:シャドーイングは、正確な発音を身につけるために非常に効果的です。
  • リスニング力の向上:シャドーイングを行うことで、英語のリズムやイントネーションを身につけることができ、リスニング力の向上にもつながります。
  • 発音の自信:正確な発音ができるようになることで、英語の会話に自信を持つことができます。

シャドーイングのまとめ

最初は英語の音声を聞きながら、自分で真似してみましょう。

自分の発音がどの程度正確であるかを把握し、改善の余地があれば修正します。

シャドーイングにおいて、反復練習が非常に重要です

同じ練習を何度も繰り返すことで自然な英語のリズムやイントネーションを身にきます。

ただし、シャドーイングを行う際には、いくつかの注意点があります。

音声が速すぎたり遅すぎたりすると、正確な発音ができなくなるので、適切なスピードで行いましょう。

また、発音が難しい単語やフレーズがある場合は、それらを重点的に練習することも大切です。

正確な発音や自然な英語のリズムを身につけることで、英語を自然な流れで話すことができるようになります。

ぜひ、本記事で紹介したステップバイステップガイドに従い、継続的にシャドーイングを行ってみてください。

シャドーイングを体験してみる

シャドテン

-シャドーイング
-, , ,