英語

英語資格ランキング10の試験とおすすめ参考書 | TOEFL, IELTS, TOEIC, Cambridge English, PTE, OET

英語資格はいいたいどれくらいあるの?

難易度は料金などをまとめてみました。

これから試験を頑張ろうと考えている人は参加にしてみてください。

英語資格名難易度試験料金公式ホームページURL
TOEFL中~高約 $205https://www.ets.org/toefl
IELTS中~高約 $245https://www.ielts.org/
TOEIC初~中約 $123https://www.iibc-global.org/toeic.html
Cambridge English: Proficiency (CPE)約 $385https://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/proficiency/
Cambridge English: Advanced (CAE)中~高約 $350https://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/advanced/
BULATS初~中約 $135https://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/bulats/
Pearson Test of English Academic (PTE Academic)中~高約 $200https://pearsonpte.com/
Michigan English Language Assessment Battery (MELAB)中~高約 $295https://michiganassessment.org/tests/melab/
Certificate in Advanced English (CAE)中~高約 $350https://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/advanced/
Test of English for International Communication (TOEIC Speaking and Writing)約 $120https://www.iibc-global.org/toeic.html

上記の価格はすべて参考価格で、場所、時間、およびその他の要因によって変化する可能性があります

TOEFL

TOEFLは、世界中の大学や学術機関に入学するために必要なテストの一つです。このテストは読解、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションで構成されています。

アメリカの教育評価サービス (ETS) によって作成され管理されています。試験は、オンラインで行われ、リスニングとスピーキングセクションではコンピュータによって採点されます。 TOEFLの難易度は、中から高レベルで、試験の費用は約205ドルです。

高音質オンライン英会話



IELTS

IELTSは、英語を第二言語とする人々のためのテストです。このテストは、読解、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションで構成されています。IELTSは、英国の大学入学試験委員会 (UCLES)、英国の文化協会、およびIDP Educationによって共同開発されました。テストは、ベーシック(約245ドル)、アカデミック(約245ドル)、およびジェネラルトレーニング(約245ドル)の3つのバージョンがあります。 IELTSは、中から高レベルの難易度を持ち、国際的に広く認められています。

オーストラリアやイギリスの留学はIELTSがおすすめ

高音質オンライン英会話



TOEIC(L&R)

日本で英語力を測るならTOEIC。リスニングとリーディングで2時間の試験問題。パート1~4のリスニングセクションとパート5~7のリーディングセクションになっておりノンストップで試験を解きます。

最近は難化していて長文が長くなったり、ひっかけ問題なんかも増えているので対策が必要です。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH



Cambridge English: Proficiency (CPE)

CPEは、英語を第二言語として話す人々にとって最も難しいCambridge English資格の1つです。読解、文章構成、グラマー、語彙、リスニング、スピーキングの6つのセクションで構成されています。CPEは、約385ドルの試験費用がかかります。

Cambridge English: Advanced (CAE)

CAEは、CPEよりもやや易しいCambridge English資格の1つです。CAEは、読解、文章構成、グラマー、語彙、リスニング、スピーキングの6つのセクションからなっています。CAEは、英語を第二言語とする人々にとって高度な英語能力を証明するためのテストであり、約225ドルの試験費用がかかります。

Cambridge English: First (FCE)

FCEは、Cambridge English資格の中でも最も人気のある試験の一つで、英語を第二言語とする人々の中級レベルの英語能力を証明するためのテストです。FCEは、読解、文章構成、グラマー、語彙、リスニング、スピーキングの6つのセクションで構成されています。試験費用は約200ドルです。

BULATS

BULATSは、ビジネス英語能力を測定するためのテストであり、英語を第二言語とする人々によって受験されます。BULATSは、読解、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションで構成されています。BULATSは、試験の種類によって異なるが、一般的には約150ドルから300ドル程度の試験費用がかかります。

PTE Academic

PTE Academicは、世界中の大学や学術機関に入学するためのテストの一つです。PTE Academicは、リスニング、スピーキング、読解、ライティングの4つのセクションで構成されており、試験はコンピュータ上で行われます。PTE Academicは、試験費用が約200ドルから330ドル程度で、比較的高い難易度を持つ英語能力テストの一つです。

OET

OETは、医療従事者が英語を使用する状況でのコミュニケーション能力を測定するためのテストです。OETは、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションで構成されています。OETは、試験費用が約587ドルで、比較的高い難易度を持つ英語能力テストの一つです。

まとめ

それぞれの試験は異なるレベルの英語能力を証明するために設計されており、受験者は自分の目的やレベルに応じて適切な試験を選択する必要があります.

一般的に、より高度な英語能力を証明する試験ほど高額になる傾向があります。

一部の試験は、特定の目的に特化しています。例えば、TOEFLは、アメリカの大学や学術機関に入学するための英語能力を証明するために設計されています。OETは医療従事者向けに設計されています。

それぞれの試験には公式のウェブサイトがあり、受験者はそこから試験に関する詳細な情報を入手できます。公式のウェブサイトには、試験日程、試験費用、試験の概要、サンプル問題などが掲載されています。また、試験に関するアドバイスや勉強方法などの情報も提供されています。

おしん

英語能力を証明するために重要な役割を果たしています。受験者は、自分のレベルと目的に合わせて適切な試験を選択し、十分な準備をすることが重要です。

各試験におすすめの参考書をご紹介

TOEFL「The Official Guide to the TOEFL Test」

IELTS「The Official Cambridge Guide to IELTS」

Cambridge English: Advanced (CAE)「Objective Advanced Student's Book with Answers」

Cambridge English: Proficiency (CPE)「Objective Proficiency Student's Book with Answers」

Pearson Test of English Academic (PTE Academic)「The Official Guide to PTE Academic」

Business Language Testing Service (BULATS) 「BULATS with Audio CDs: International Business Language Testing Service」

Occupational English Test (OET)「Official Guide to OET」

これらの参考書には、それぞれの試験の構成や形式についての詳細な説明、実際の試験と同じレベルの問題や模擬試験が含まれています。また、多くの参考書には、試験対策のヒントやテクニック、文法や語彙などの学習に役立つ情報も含まれています。受験者は、自分が受験する試験に適した参考書を選択し、試験前に十分に準備することが重要です。

-英語
-,