英検

【口コミ】英検準1級対策は 文単は外せない。6カ月で成果を出す参考書はこれ。

英検準1級対策の参考書はどれがいいの?って迷うことありますよね。

英検を受けるなら参考書は単語対策の4つです。

  • EX英単熟語
  • 文単
  • でた単(アプリ)
  • 完全制覇英作文

英検単語ゲーです。

単語がわかればリーディングができる→リスニングができるになります。

推測は時間の無駄です。

ライティングは「完全制覇英作文」を用意しましょう。

2次試験でも役立ちます。

「文単」はテーマと一緒に単語を覚える参考書です。

そして、文章が読めないのは単語がわかっていないから

私も単語学習に本腰をいれるまでリーディングの点数が低く不合格ばかりでした💦

2次試験も合格
2次試験も合格

だからこそ単語の重要性を知ってもらいたい!

「スラスラリーディング」の感覚をつかんでみてほしいのです。

個人的にはペラペラよりスラスラリーディングのスキル

単語アプリでた単の記事はこちら

要チェック
2次試験対策はネイティブキャンプしかない

英検準1級の2次試験の疑問や悩みに応える記事です。 私も2次試験の対策ができないことに悩んでいました。 しかし、「ネイティブキャンプ」英検対策を繰り返し2次試験に合格できるようになりました。 本記事で ...

続きを見る

英検準1級への挑戦!「文単」を使って文章から単語をマスターしよう

単語
単語が命

英検準1級の単語は対策していないとリーディングで苦戦します。

そして、実際に合格するためには単語暗記の備期間が必要です。

なので「文単」です。

「文単」その名の通り、各テーマの文章からアプローチしてくれます。

英文を通して英検準1級に出題される単熟語を効果的に学べるように構成されています。

文単書籍

英検のリーディング慣れも必要ですので音読もしましょう。

リーディングで出てくる内容が聞き取れるレベルになるとリスニングはさらに楽です。

難しいトピックの英語も文章から単語をマスター!

この参考書の魅力は、各テーマの文章から自然な文脈で単語を学べることです。

  • 自然、環境
  • 医療、テクノロジー
  • 文化、歴史
  • 教育、心理
  • 社会、ビジネス

各テーマに16個づつトピックがあり約90種類もあります。

これだけの分野を声に出して読めるころには実力がついていると思いませんか?

単語を単体で覚えるだけでなく使い方やニュアンスを文章全体から理解することができます。

例えば、「sustainable development(持続可能な開発)」や「cultural diversity(文化の多様性)」などのテーマに関連する文章から、単語を自分のものにできます。このように、単語と文章が一体となって覚えることで、英語のスキルが飛躍的に向上します。

文章の中だと複数回その単語と出会うこともポイントですね。

覚えたい単語は赤字で書いてある

単語は赤字で書いてある。
単語は赤字で書いてある

ポイントの単語はすべて赤字で書いてあり、日本語訳も右側に記載しています。

英語と日本語で赤字にしているので単語帳のページに行かなくても瞬時に確認することが可能です。

単語をまず覚えてから長文を読むもよし、力試しで読んでもいいと思います。

ただ、精読は必要です。ひとつの文章を理解できているかチェックしながら進む。

そうすることで単語を習得し英検準1級試験だけでなく実際の会話にも役立つこともあります。

文単の口コミ

xから口コミです。

最後のページに確認テスト付き

最後は確認テスト付き
最後は確認テスト付き

最後に紹介するのは確認テストです。

各テーマごとに単語テストがついています。

各テーマで単語をしっかり覚えていれば解けますが正直やらなくてもいいぐらいのレベルです。

単語を見てすぐに意味をイメージできるレベルまでになっていればする必要ということです。

ただ、自分の理解度を確認しより確かな単語力を身につけることができるので時間がある人はやってみてください。

テーマごとの復習テストもあり、学習の定着を図ることができます。

文単まとめ

『英検準1級 文単』はあなたの強力な味方となること間違いありません。

各テーマの文章から単語を学び、実践的な英語力を身につけたいなら文単がおすすめです。

使いやすいテキスト構成と充実の理解チェックによって、効率的かつ確実な学習が可能です。

ぜひ「文単」を手に取り、英検準1級への挑戦を成功させましょう!

-英検
-